2015年02月11日

陸続きの他人ごと

来週、宮城にいって来ます。
震災後、太平洋側の東北地方に行くのは初めてです。

きっかけは、震災復興支援のために、3月まで彼が派遣されており、私も行きたくなったから。
彼の仕事は、津波の被害にあった海のすぐそばの地域のインフラ整備の計画を進めることです。
津波の被害にあった、今ではまっさらなようなその町に、本当に新しい町を作らなくてはいけないのか、どこかもっと山手に作りなおしたほうがいいのではないか、彼も私もどうしてもそんな疑問が浮かびました。

派遣されて少し過ぎたころ、彼が私に伝えてくれたことがありました。
どうしてそこに町を作るのか、ずっと考えていたようで、そのことについて現場にいて感じたこと、考えたことを書いたテキストを見せてくれました。

そこには、その場所の文化やつながりが、海と漁業を主体にしたものであることと、それを失って新しい町を築くことは、「留まった」住民の意図する復興ではない、というようなことが書かれていたと思います。

私は、自分の想像力の無さや、思いやりの無さにショックを受けました。
そのことを聞くまで、そこにいる人たちがそれまでどんな文化やつながりを持っていたか、微塵も想像したことがなかったから。

ちょっと離れたとこから、自分の身の安全に関する情報しか仕入れず、さも正論のように色々な問題を話していたことをとても恥ずかしく思いました。

人間は、肉体さえ元気であれば、なんとでもなるというのは一理あるけども、体が元気でも、誰ともつながれず、居場所もなく、風土を失って、生きてる理由も分からなくなったら、やっぱり辛いはずですよね。
自分で死んでしまおうとする人は、肉体的な原因ばかりではないですよね?


宮城に行くというと、
「被曝しないようにね」
と言われたことがあります。

気持ちはわかります。

私は、仕事で食の安全当テーマを扱っているということもあって、食品の汚染やの数字に結構敏感な方です。
それは、相手にもわかっていたと思います。それでもそう言われました。

その言葉には、どこか軽蔑のような、差別的なものを感じました。
汚染を知ってたら行くはずない→おかしいやつ
というような。

以前の自分と同じ、
かわいそうだけど、自分とは関係ない、とにかく危険でいってはいけない土地
という認識です。

今、東北がどんな状況か、わかりますか?
どんな食品が検査され、どんな結果が出ているか、わかりますか?
気仙沼って、聞いたことあると思うけど、地図でさせますか?
そこに住んでる子供の意見、聞いたことありますか?

私は、最近まで、想像したこともなく、今も殆どわかっていません。
だから、とても知りたくなりました。
一度行ったくらいで何かわかるのかといえば、ほとんどわからないかもしれません。
でも、行ってみようと思えたのがまず、一歩目だと思っています。

危険でとにかく近寄らない、とだけ決め込んだ人たちほど、何も知らないように思います。
心配する気持ちはわかるけども、アレルギー的な毛嫌いは、差別意識につながるのではないでしょうか。

西日本、それ以南の遠い土地に住んでいるから、自分はクリーンだという前提に立ていませんか。

結果的にやることは変わらないのかもしれないけれど、
とりあえず私は、ようやくだけど、他人ごととして考えない、ということだけは決めました。


posted by 久恵真由美 at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

再発と手術

甲状腺悪性腫瘍の治療から3年、再発しました。リンパ節への転移です。
元々、最初の治療段階で、リンパ節の転移が14個ありました。
3年経過した今回は首筋に1つ。
きっと3年前の取り残しかなんかでしょう。
郭清部位と少しだけ、ずれたところにあったので。


飛行機の時間が迫っていたので、あまり詳しく聞けませんでしたが、甲状腺の悪性腫瘍が再発し、リンパ節に1センチくらいの腫瘍があるので切除しようという手術です。通常死んだりはしません。
10月の定期健診で見つかったのですが、

仕事の都合を鑑みて、
クリスマス25日手術
正月1月1日退院

という素晴らしくおめでたいスケジュールになりました。


私は3年前の手術では、無職で、そのときやっていた美術関係のことも中断せざる得ず、無力感でいっぱいで、自分が役立たずだと言われいいるようでひどく苦痛でした。

自分の食ぶちも稼げず、更に病気にもなり、親以外に見舞いのため滞在している人に対してはプレッシャーしばかり感じて、迷惑をかけて何もできない状況に、自信をなくしました。

でも今は、今の自分なら私は違ったことを思えるかもしれない、とおもっています。
私は、3年間、無駄にはしなかった。


前回は、全てが終わってから、客観的に構成した内容を書きました。
今回は、それでは自分のためにならないと思い、今考えてるようなことを書いています。


甲状腺がんは、一般的に認識されているがんとは全然違う、ほうとうに優しいがんです。
薬も半摘出ならいらないし、検査以外は日常は通常運転です。
痛くも痒くもありません。
種類や進行状況にもよりますが、ちゃんと検診と治療を受けていれば、私はがんがなかった時と同じ寿命を全う出来る確率が85%くらいあります。

それはもはや、ほとんど病気ならなかった時と変わらない確率なんじゃないだろうかとも思うようになりました。

私達の明日は知れません。
だから、永遠に生きるように愛し、感謝して、
明日にも死んでしまうかのように忘れ、許したいと思います。

今度は多分、大丈夫。




posted by 久恵真由美 at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

思い直す日

今週は、通常業務にプラスで増税のおかげで、約4千点の商品の価格を5%から8%に一人で修正する地味だるい作業をやっている。
加えて、確定申告もしなきゃだし、シュウマイの皮が余ってるからシュウマイ作らなきゃだしで無駄に忙しいのである。

そんな年度末に、思い出すことは何かと沢山ある。

3月といえば、大学には二回落ちたし、大学院にも落ちたし、大学院が終わって婚約していた人とはダメになってしまった。
色んな年齢の私において、「人生のY字路」的なものがあった時期で、季節が近づくと思い出しては脳内総集編を繰り返している。

いつの年を思い出しても、辛かったなぁ〜と思いながらも、今の選択と結果でよかったなぁ、とも思うし、周りの人に感謝の気持ちがわいてくる。
年を重ねるごとに、私は幸せになっているように感じている。
悪運が強いというか、捨てる神あれば拾う神あり、のような展開というか。

そんな風に思う出来事が山積みな3月だけども、
明日はやっぱり違う。
それはもちろん、2011年の3月11日の事で、何がどう他の出来事と違うかというと、その日は、その日から今までは、ずっと今で、さっぱり過去になっていないというところ。

http://www.youtube.com/watch?v=Bsk2ioK0Lrg
これみて、そのときの事、思い出す人は私だけじゃないんじゃないかなと思う。

思い出す、とか言ったけど、明日は、思い出すんじゃなくて、思い直すような日のように思う。
全然過去ではない出来事を、普段は日々を進めるために見ないようにしていることを、見る日のような。

たぶんだけど、
今生きている人は、自分の親やその親ほど長く生きないんじゃないかと思う。
加えて、戦争も、起こるはずのないフィクションや、過去の言い伝えとかでもなくなってしまった。
エネルギーと経済の問題が解決しない限り、原発も私含め多くの人が望む方向にはいかないかもしれない。
豊かさの限界に差しかかった世界は、発展した国でも、貧しい国でも「貧困」から逃れられないかもしれない。

でも不思議な事に、全然、前よりは不安は無くて、
何も知らない、生かされているだけの時期よりずっと実感を持って生きている。
知らないから、怖いと思っていたことは知るようになったし、
出来なくて恥ずかしい、と思うことは日々でできるようにするようになっているし、
そういう事ができるようになって、人に色々あげられるようになったとも思う。

状況が変わっても、人間は(と言うか自分は)実感を求めて生きていて、
それだけが希望かもな、と思う。
posted by 久恵真由美 at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

讀賣新聞日曜アート

img001.jpg

2013年2月24日の記事に掲載されました。
文章は私が書いています。
高校生にもわかるように、ということだったので簡素に。

この記事は紹介制で、次はオーストラリア展でも一緒の
村住知也さんを紹介しました。
どんな文章が載るのか楽しみです。

posted by 久恵真由美 at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

トップリーダーに聞く!/第二回 西川英冶さん

問屋まちスタジオでは、問屋町にある企業さんのリーダーを招いて、スタジオのメンバーであり住人である中瀬康志と対談するという企画をはじめました。

トップリーダーメンバー.jpg

事前にお互いのプロフィールと質問を交換し、当日質問を元にご飯とお酒を楽しみながらギャラリーも交えて対談ていきます。

今回のゲスト、西川英冶さんは五井建築設計研究所の代表取締役。五井建築設計研究所の創業者である五井孝夫氏は、なんと第6代金沢美術工芸大学学長。西川さん自身も、アーティストで、大学院専任教授であった伊藤公象さんとも公私共に親交が深く、とっても美大にゆかりある方。
建築を志すきっかけから、生涯で一番思い入れのあるという現在進行中のプロジェクトの話まで、面白い話がたくさん聞けました。

五井建築設計研究所 
http://www.goi.co.jp/
代表ブログ
http://goi51.exblog.jp/


参加者の皆さん
P1223088.jpg

中瀬先生(左)と西川さん(右)。最後はとってもいい笑顔で。

IMG_5844.jpg




企画&料理&進行役で今回もバッタバタでしたが、みなさんにご協力いただきまして大成功!

次回も楽しみです。



posted by 久恵真由美 at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。