2011年12月08日

病気が見つかる。

一つ前の日記に少し書きましたが、最近大きな病気が見つかり、入院して手術をしました。


それがなんとも不思議な、流れで、、、





コマンドNの別府のレジデンス中に高熱を出して、病院に行くことにしました。
熱は39度を越していて、始終悪寒が続いていて殆ど動けない状態。
しかもその日は日曜で、時間も午後にさしかかろうとしていて、やってる病院が全然無い。
必死でiホンで探して奇跡的に一件ヒット。
フラフラになりながら行って見ると駅前にあるその病院は、概観はピンクでスタッフも全員女性の「レディースクリニック」という感じの病院。内科一般と美容、乳がん検診なんかもやっている感じ。
待合には食と美容の本がたくさん置いてあり、きっと私は珍しいタイプの患者だろうなと思いながら待っていました。


それから診察があり、血液検査や尿検査、レントゲンなど色々調べてもらったのですが熱の原因がわからず、肺炎と腎盂炎、などが疑われるということで、なんと半身のCTを撮る事に。

高そうだ、、、と思い


私 「どうしても撮らないといけないですか?いくらぐらいになりますか?」


先生 「そうですね、やはり原因が分からないと対処できないので。。。
    ええと、今日全部で8000円くらいですね。」


私 「今日5000円くらいしかもって無いんです。。。」


先生 「明日でかまいませんよ(にっこり)」


私  「お願いします(泣)」

CTなんて撮った事無かったし、熱だけでCT撮るなんて丁寧だな。。そもそも駅前の内科の個人病院にそんなものがあるのがすごい。と、悪寒でガクガク震えながら初CT。



先生 「肺も腎臓も異常ないみたいです。」

私  「・・・・(8000円 泣)」

先生 「なんですが、、、ここ、喉の方なんですが、
    甲状腺に石灰化した腫瘍みたいなものがあるみたいです」

私  「え?」

先生 「一度専門の病院で調べてもらった方がいいかもしれません。」

    金沢に帰られて、でもいいと思うけど、もし特に心当たりが無いのであれば、
    別府には野口病院ていう甲状腺の凄く有名な専門病院があるので折角の機会だから
    いってみたらいいかもしれない。紹介状書きますよ。」

私  「そうですか、考えてみます。」

    (甲状腺てなにするとこだっけ、、腫瘍みたいなものってなんだろ、それより熱がつらい。。)





それから結局熱の原因は分からず、
点滴をして様子を見ることになり、熱はだんだんとよくなっていきました。
最後の点滴の日、再度野口病院での検査を進められました。

金沢で病院探すのもめんどくさいし、有名病院てどんなだろ、と思った私はCTと紹介状をもって次の日野口病院へいくことに。









次の日、待つのがいやだと思い、朝8時半ごろ病院へ行くと、すでにもう座る場所がないくらい混雑していました。
人気病院なんだな、と実感しつつ受付を済ませると、「検査までこちらを読んでお待ちください」と、甲状腺の病気について書かれた冊子を三冊どさっと手渡されました。
それもシロウトのための絵つきの字の大きな解説がある感じではなく、データと分析がびっちり詳しく書かれた冊子。


これ 

画像 600.jpg

生物の教科書かよ!
なんか病院側の熱意が伝わってきます。




・・・・・甲状腺の腫瘍は100人に5人くらいの人が持っていて大体は良性で、経過観察が殆ど、悪性でもとても治りやすい・・・・



なんだ、結構頻繁に見つかるモンなんだな。。しかも殆ど良性。殆ど。。。

検査には二日かかり、待ち時間もかなり長かったけれどおかげさまで退屈せずにすみました。
腫瘍に針をさして中身を見る検査や、入念なエコー、放射性物質摂取による甲状腺機能の検査。。。始まるとものすごく手際よく進んでいきました。さすが専門病院。

二日目朝、いよいよ結果を聞く順番に。





先生「甲状腺に腫瘍があります。右側にあって、そのおかげでの甲状腺は殆ど機能していません。」


私 「はい。。。」


先生 「腫瘍には、良性と悪性があります久恵さんの場合は・・・」


私  「はい。」


先生 「・・・悪性です。」


私  「。。。はい。」


先生 「悪性ということは癌です。けど心配要りません。甲状腺の癌は、とてもよい癌で、
    治りやすいですから。死に至る人はほとんどいませんよ。」

私  「あー。。。あー、はい。」


先生 「ただ、腫瘍が大きく、かなり気管に迫っていて、圧迫しています。
    この辺に声を出すための神経が通っています。そこを傷つけると、
    声が永久的にかすれてしまうかもしれません。歌は好きですか?」

私  「はい、好きです。」


先生 「だったら、やっぱり、専門病院でうまい人にきってもらった方がいいと思いますよ。
    北陸には専門病院は無いし、これも何かの縁、うちで手術するのでどうでしょう。」

私  「はい。お願いします。」


先生 「あと、リンパ節への転移も見られます。だけど心配要りません。
    若い人の癌には良くあることです。」


私  「。。。はい。」


先生 「では手術日はいつにしましょうか。。。。。」













ほとんど、「はい」しか言えませんでした。



癌て、あの癌だよね?
声出なくなるの?
転移って??

でも死んだりしないって言ってたし。。。


頭がグルグルのまま、とりあえず、親と彼氏に電話。
冷静に喋ろうとすればするほど妙なテンションに。

「手術でとっちゃえば平気みたいだし、死んだりする人めったに居ないから平気だってさ!」

とはいったものの、やっぱり平気じゃない。


たまたま、レジデンスに来て、
たまたま、熱が出て、
たまたま、首までCTをとって
たまたま、腫瘍が見つかって、
たまたま、すぐ近所に有名な病院があって折角だから調べてもらったら


癌でした!


とか!!
偶然多すぎるし展開急すぎるよ!
何だよそれ!






滞在先の部屋で一人グルグルしてると


彼氏から電話が。

着いたよ〜って。

なんと、心配して、すっとんできてくれた。
ほっとして、私涙ぼろぼろ。




簡単な私は、なんかだんだん嬉しくなってしまって、その日は昼間のことが全然たいした事じゃなかったかのように不安な気持ちを忘れて過ごせました。

それから
その時やってた事を大体投げ出すことになりました。レジデンスや、問屋町の次の企画、シンポジウムや美術館のアルバイト。。実際体調に問題があったり、時間的に無理だったり、先方に断られたり。
やれた事もあったけれど、レジデンスを中断した時点で、なんだかいつもの日常には戻れなくなってしまっていて、最低限やらなきゃいけないことだけやって、料理をしたり美味しいものを食べてのんびりしていました。

思考はほとんど止まっていた気がします。
手術が終わって、退院して、今ちょっとづつ日常を取り戻しています。


入院中のことはまた別の日記で。




posted by 久恵真由美 at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。